レーザーポインターは軍事訓練でも大活躍

レーザーポインターと言えばプレゼンテーションと結び付けられがちですが、シュミレーションの世界でも大活躍しているのを是非覚えて下さい。

レーザーポインターは非接触で対象物を操作できるので、正にシュミレーション用途にはうってつけなのです。

シュミレーションの中で最たるものは『軍事訓練』なのかもしれません。
用途が用途なだけに、その真剣さは半端じゃありません。

この業界では、やはり米国が一歩先に行っているのでしょうか。

米国のLaser Shotでは、こんな大掛かりな軍事シュミレーターを展開している様です。

様々なシチュエーションをリアルに再現し、スクリーン上の標的に向かってレーザーポインターで撃ちまくるのです。

車上戦バージョン

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=W2jWxqOzVdY

ヘリコプター戦バージョン

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=D9LjyYJsMO8#!

海上戦バージョン

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=JoDqKFodFb0

いやあ・・・、お金のかけ方も半端じゃ無さそうですね。

不謹慎かもしれませんが、あなたもゲームみたいで面白そうと思ってしまったのでは?

とにかく圧巻ですね。

お勧めレーザーポインター

レーザーポインター 高出力 200mW 緑 レーザーポインター 遠距離射程
レーザーポインター 高出力200mW ペン型レーザーポインター グリーン 激安

 

野外で事故や迷ったとき、レーザーポインターで救急!

レーザーポインターは野外での活動時の必携アイテムです。救急信号を伝えるなどの様々な利用方法があります。皆さんは野外での活動時に、事故に遭遇したり、道に迷ったりしたことはありませんか?アウトドアでは、自然環境に身を置くことになるため、予期せぬ天候不順から来る降雪、降雨や落雷、突風といった過酷な自然災害に見舞われる、山や雪などで道に迷った可能性があります。ちょっと野外でレーザーポインターを使用する方法を紹介いたします。
2000mwブルーレーザー
●緊急時の暗夜照明と救難信号に使える
ひの光と煙や霧は非常に有効な救助信号です。強力レーザーポインターはすぐマッチやタバコなどに火をつける可能ですので、レーザーポインターを利用して乾いた柴、草、落ち葉などを燃やして、自分の居場所を救助隊や他人に知らせます。またはレーザーポインターを点灯して直接に救難信号を発信します。山の場合、レッドレーザーポインターはグリーンレーザーポインターより見やすいです。雪山の場合に両方ともいいです。
●危険な生物
蛇などの危険な生物に遭遇した時、一瞬に目を照射すれば、眼が眩んでしまったり、目のかすみをしたりする感じがありますが、失明、パワーや照射時間によっては完全失明する危険性があることをご注意してください。
●野外での照明
LEDレーザーポインターは普通の懐中電灯より明るいです。
●体を温める
降雨などによる体温低下の場合にレーザーポインターで落ち葉などを燃やして体を温めます。
【音や光で表す場合】
音や光を使うモールス信号(符号)は、音や光の長[―]と短[・]を並べて英数字や記号を表します。
[・]3回がSを、[―]3回がOを意味し、これを並べてSOSにすれば「お互い(自分と救助隊等)の存在がハッキリと認識出来ていない場合」にも使用可能な救難信号になります。
世界共通の救難信号
モールス信号でのSOS
[・・・ ― ― ― ・・・]
音や光の点滅でSOSを発信する場合「救助隊等に認識、または発見されるまで」繰り返します。
[―]は[・]の3倍の長さが基本で、ハッキリとメリハリ良く、また1回のSOS発信後に少しだけ間を置くと認識されやすくなります。
笛で吹くと「ピッ ピッ ピッ ピーッ ピーッ ピーッ ピッ ピッ ピッ」になり、中に球が入っていないNon-Ballの方がモールス信号のSOSを吹きやすいと思います。
緊急用ホイッスルの記事はこちらになります。
【体を使って表す場合】
自分から救助隊等が見えていて、相手からも自分が見える場所にいる場合に使う救難信号です。
⇒ Y
真っ直ぐ立ち、両手を斜め上に伸ばして「Y」を作ります。
これは「SOS」を表し「救助を求めます」という意味になります。
⇒ I
真っ直ぐ立ち、左手だけを斜め上に伸ばします。
これは「OK」を表し「わかりました」という意味になります。
【地面等に描く場合】
捜索や救助に来てくれた航空機へ向けて示す救難信号です。
地面にペンキやチョーク、または何かを並べて描きます。
上空から良く見えるように、とにかく大きく目立つように描く事が重要です。
⇒ SOS
救助を求めます。
このSOSの下に下記の記号を描くと認識されやすくなります。
⇒ ┃ (縦線を1つ)
要救助。傷病者がいて医師が必要です。
⇒ ┃┃ (縦線を2つ)
要救助。医療用品が必要です。
⇒ F (ローマ字のFを1つ)
要救助。食料と水が必要です。
⇒ LL (ローマ字のLを2つ)
全て大丈夫です。
⇒ ↑ (矢印)
この方向に進んでいます。
⇒ × (×印)
これ以上、進む事が出来ません。
救難信号は被災した場合だけではなく、登山やハイキング等での緊急時にも使えるので、覚えておいて損は無いと思います。

関連プログ:http://www.rezapointa.com/blog-24.html

レーザーポインターで1000倍顕微鏡を作れる?

レーザーポインターで1000倍顕微鏡を作れる?

レーザーポインターの不思議な妙用

びっくりさせ

レーザーポインターで1000倍顕微鏡を作った

好奇心を注いでしまった

この動画を見たあと、信じた

http://www.youtube.com/embed/8lNswZcckkA


まぁ、意外レーザーポインターってそんな機能があるってレーザーポインターに興味があるようになるでしょう?

レーザーポインターのお勧め商品ご閲覧

10mW バイオレットレーザーポインター ミニレーザーペン

価格(税込):¥2,200円

出力10mW 携帯型レーザーポインター 緑色

価格(税込):¥2,000円

小型 10mW レーザーポインター レッド レーザー懐中電灯

価格(税込):¥1,740円

レーザーポインターの上手な使い方

レーザーポインターの使い方はどうでしょうか?

人間の目は明るいものや動くモノに敏感に反応しますので、レーザーポインターの光は本能的にどうしても目が追いかけ気になってしまいます。
ただでさえ注目されてしまうレーザーポインターの使われ方、ここではプレゼンテーションでどうしたら上手く使えるのか5つのポイントに絞って説明します。

ポイント1)レーザーポインターはつけっ放しにしない


ずーっと付けっぱなしで喋るプレゼンターがいます。
見ている方はレーザーポインターの軌跡が気になってしまい、目の緊張が続きとても疲れてしまいます。
スライド以外も指しているので、色んな所に目が泳いでしまいます。
そしてそのレーザー光は天井や別の壁などを動き回り、話やスライドに注意が行かなくなってしまうと本末転倒です。
また身振り手振りが始まると、レーザー光が他の人の目に入ってしまうと言う思わぬ事故に発展する危険性もありますので注意しましょう。

ポイント2)レーザーポインターはゆっくり動かす

興奮してしまい、スクリーン上で必要以上にしつこく早くぐるぐると動かす人がいます。
プレゼンターは気持ち良く酔っているのでしょうが、見ている方はとても疲れてしまいます・・・。
ゆっくりと大きく、丸なら丸、線なら線と、多くてもゆっくりと3回ほどの動作で止めましょう。
そしてその後は照射を止めて、見ている方の目を休ませてあげる気遣いを持ちましょう。

ポイント3)レーザーポインターの持ち方を工夫し、手ブレをさせない

プレゼンターは平常心では無く、若干でも緊張若しくは興奮しているものです。
たまにレーザーポインターで「ここが・・・」と指して説明される時に、手がブルブル震えてどこを指しているのかわからない場合も見受けられます。
震えてないつもりでも、少しの手振れでもスクリーンが遠くなればスクリーン上では大きな動きになってしまいます。

いずれにせよプレゼンの際に手振れするのは当たり前と心得、”構え”は工夫する必要があります。
手を伸ばした状態だと、腕(肩)-肘-手首-掌-指先など複数の箇所を同時にホールドする必要があるので、実際にその様な状態で静止させるのは不可能と言えるでしょう。
体上かどこかの固定点(机があれば机など)を利用し、そこを起点とした状態で使用してみましょう。ゴルフじゃないですが、単純に脇を締めるだけでも相当な効果がありますので是非試してみて下さい。

ポイント4)レーザーポインターを持つ手を考慮する

操作するのは勿論利き手を使用する方が有利です。
しかしオーディエンスやスクリーンとの立ち位置との関係によっては、もしかしたら逆の手の方が良い場合があります。

スクリーンを見て欲しい時には、身振り手振りや移動をピタッと止め、若干スライドの方を見ながら話す方が効果的です。見ている方もつられてスクリーンを注目するようになります。その後、ゆったりとオーディエンスの方を向いて話し出すと格好良いものです。
しかしずーっと背を向けながら話すのは逆効果です。位置関係によっては体を捻って、背を向けながら話さなければいけなくなるので、スクリーンを背にして、スクリーン側になる方の手で持った方が良い時もある事を覚えておきましょう。

ポイント5)レーザーポインターの使い方を事前に練習する

どんなモノでもそうですが、ぶっつけ本番は避けるべきです。
短くても十分なので、絶対に事前に練習をする様に心掛けて下さい。
最近のプレゼン機能が搭載されているレーザーポインターは、ボタンも多く、「何が何やら・・・」と言う商品が多くなってきています。
緊張している最中、また暗闇で使うなど、平常時では無い環境で使うと言う事を留意する必要があるのです。
上記の5つのポイントを意識するだけでも、相手に不快感を持たれ辛い、効果的に伝わるプレゼンテーションとなるはずです。

広い会場などで伝えたい人数が多ければ多いほど、効果的なアイテムはあなたを助けてくれる効率は絶大となります。

強力レーザーポインターは、使い方さえ間違えなければ、間違い無くあった方が良い、心強いマストアイテムと信じています。

【レーザー】危険の時、どのように救急信号を伝えるか?

休みの日にピクニック、登山、探険に行く人が多くなってきました。毎年に山で道に迷って屋外生活愛好者が命を失った事件が起こしている。その時、山の怖さをつくづく思ってしまいますね。特に雪山の場合は、雪庇、雪崩にあったら、もっと危ないです。もしこんな危険の場合に強力レーザーを持てば、居場所を知らせ、迅速な救援、救出活動を実現できます。
レーザーポインター 使用 title=
探検者に対しては必ずもっていかなくてはいけないものです。
レーザーポインターは夜間に1000-2000メートルまでに照射できます。昼間ならグリーンレーザーの方がレッドとブルーより見やすいです。
レーザーポインターの使用範囲
★レジャーやエンターテインメント          
釣り、ディスコ、クラブやパーティのイベント、広告活動等。
★星空観察、天体観測                          
天体観測時に星を指すにピッタリです。夜は手元から天空まで青の光線が見えるので星座の解説や、綺麗な星空をお楽しめます。
★建設現場/暗所に作業             
遠方・高所・危険箇所をレーザー光を照射して、現場に立ちのように指揮すること、ご安心ください!
★ツアーガイド                                         
自然・文化遺産での観光案内、接触してはいけない、できない箇所の説明に。

関連プログ:http://www.rezapointa.com/blog-3.html

HTPOW Ltd
HTPOW Ltd

最近の返信状況 

最新レーザポインターの詳細へ

大口注文についての詳細へ

生産地: 中国大陸 広東省

業態: メーカー・工場

製品情報掲載数:2451件

会社概要

5種類星キャップ付のグリーンレーザーポインター
5種類星キャップ付のグリーンレーザーポインター
防水レーザーポインター
防水レーザーポインター
レーザー保護メガネ
レーザー保護メガネ
500mW 緑色レーザーポインター
500mW 緑色レーザーポインター
レーザーモジュール
レーザーモジュール
20M防水緑色レーザーポインター
20M防水緑色レーザーポインター